区政について

選挙公報に掲げた『浅川のぼるのめざすまちづくり』について、議員としてのこれまでの活動についてご報告いたします。

   区議会議員として1期目の活動も、もうすぐ2年が過ぎようとしております。これまで多くの方々との出会いがあり、区政に関する様々なご相談等をいただきました。現在もコロナ禍で、区民の皆様が厳しい状況におられる中、まずは、新型コロナウイルス感染症の対策と中小企業や商店会等の経済対策が喫緊の課題となっております。区議会といたしましては、このような状況を打開するためにも、経済対策への支援と感染拡大防止やワクチンの早期接種に向けて、スピード感をもって対処してまいりました。
   さて、令和2年度における「文京区のまちづくり」、「本郷・湯島地域のまちづくり」等、現在までの進捗状況をご報告させていただきます。今後も皆様のお声が区政に反映出来ますよう、高齢者や子育て世代にも優しい文京区を目指して頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

現在の所属委員会・審議会について
常任委員会 厚生委員会
特別委員会 自治制度・地域振興調査特別委員会
令和元年度決算審議特別委員会
令和3年度予算審議特別委員会
審議会 財産価格審議会
景観づくり審議会

区 長 施 政 方 針(抜粋)

令和3年 2月吉日
自民党・無所属会派
文京区議会議員 浅川 のぼる


【ご挨拶】本会議場にて

   令和3年2月の文京区定例議会において、3年度の予算案をはじめ、関係諸議案などのご審議をお願いするに当たり、私の所信の一端と新年度の主な施策の概要を申し上げ、区議会並びに区民の皆様のご理解とご協力を賜りたく存じます。
   この年末年始にかけた新型コロナウイルス感染症の急激な拡大により医療崩壊の危険も懸念される中、本年1月に、東京都など大幅に感染広がる地域に対して、再び緊急事態宣言が発出されるなど、いまだ収束が見通せない状況が続いております。
   医療従事者をはじめ、私たちの健康と安全、そして社会機能を維持するために、最前線で尽力されている全ての方々に、心より感謝申し上げますとともに、この困難をともに乗り越えていくため、引き続き、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
   この間、区では疫学調査や行政措置等の感染者への対応に加え、医療機関等との連携によるPCR検査センターの設置など、様々な感染症対策を講じてまいりました。さらに、経済活動の縮小や消費者マインドの冷え込みなどにより、大きな打撃を受けた地域経済を支えるための緊急経済対策にも、いち早く取り組んできたところです。今後も、感染拡大防止と社会経済活動を両立させた新たな日常を、しっかりと確立していくことが重要であると考えております。
   一方、感染症の拡大は、「新しい生活様式」や新たな価値観等、様々な社会変革を生み出しております。区としても、オンライン等の様々な手段により、人々のつながりや地域の活力等を保ちながら、引き続き、「文の京」総合戦略に掲げる主要課題の解決に向けて取り組むことで、次代を担う子どもたちの健やかな成長や、区民の健康で安心な暮らしを支える環境を整備し、持続可能で豊かな地域社会を構築してまいります。

【令和3年度予算】

   新型コロナウイルスの影響により、令和2年度第一四半期の国内総生産は、戦後最大の落ち込みとなりました。本区の財政基盤は、特別区交付金等の歳入の減収により、今後、複数年にわたり、厳しい状況に直面するものと見込んでおります。
   このような状況において、3年度の予算編成にあたっては、感染症対策と社会経済活動の両立を図るための予算に加え、「文の京」総合戦略に掲げる主要課題等の解決に向け、戦略的な施策を展開するための予算を優先して編成するとともに、こうした喫緊の課題を迅速かつ着実に解決するための実効性の高い施策を、重点施策として選定いたしました。
   また、歳入の減収が見込まれる中でも、当初予算編成における、歳入不足を補填するための財政調整基金からの繰入額は、過去最大規模となり、今後もこうした状況が続いた場合は、基金残高は大幅に減少していくものと見込んでおります。将来にわたって持続可能な財政運営を実現するためにも、引き続き、基金の確保に努めてまいりますが、感染症の影響を受ける区民生活等を支えるために、必要かつ有効と考えられる事業等には、適切に基金を活用してまいります。

【6つの基本政策】

●子どもたちに輝く未来をつなぐための施策

私立認可保育所等の指導検査・巡回指導で質の向上と安全確保/保育所待機児童解消に向けて本年4月に保育所等を8施設開設/Society5.0を見据え新しい授業スタイルの指導方法を創造など

●健康で安心な生活基盤の整備

高齢者や障害者権利擁護支援へ地域連携ネットワーク等を整備/認知症に関する正しい知識・理解の普及啓発と節目検診の実施/新型コロナウイルスワクチン接種に向けて実施体制の整備など

●活力と魅力あふれるまちの創造

中小企業の事業継続と企業力の向上や採用活動への支援を強化/キャッシュレス決済のポイント還元補助による商店街の活性化/令和4年7月に向け森鷗外の没後100年の各種事業を実施など

●文化的で豊かな共生社会の実現

&東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への取り組み/ドイツの他新たに難民選手団のホストタウンとして登録めざす/図書館の読書環境整備や非来館型の電子書籍サービス拡充など

●環境の保全と快適で安心なまちづくり

避難所運営ガイドラインに基づく避難所の訓練を継続的に実施/B-ぐる本郷・湯島地域新規路線は令和3年度上半期運行開始/公園再整備基本計画に基づき公園や児童遊園等整備を行うなど

●継続可能な行財政運営

行政手続き等のデジタル化により効率化と利便性の向上を図る/旧元町小学校及び元町公園や小石川地方合同庁舎等の施設整備/都営バス大塚支所跡地や文京シビックセンターの施設整備など

文京区のまちづくり

災害に強い   まちづくり

地域の「絆」を深める防災訓練や行事を推進します

防災訓練や町会行事等、できる範囲で工夫して行えるよう呼びかけています。

リモート会議等を利用し、無理のない方法で町会や近隣との交流を推奨します。

地震・水害対策に加え、在宅避難者や要支援者等への対応強化を図ります。

 
  

防犯に強い まちづくり

自主警備、防犯カメラ、録音機能付電話を推進します

リモート会議を利用し、積極的な顔の見える関係づくりを呼びかけています。

近隣地域の自主警備に積極的に参加し、地域との交流も図っています。

防犯カメラの設置や録音機能付き電話を、継続して推奨していきます。

   

子育てしやすい まちづくり

保育園や育成室の待機児童問題の解決をめざします

待機児童0をめざし、年度途中も含めて保育園の増設が順次行われています。

児童館の待機児童についても、増設に向けて計画的に進めています。

児童相談所の開設に向け、人材確保や関係機関との連携強化を図ります。
 
 
 

高齢者に優しい まちづくり

認知症予防や介護予防の意識向上を推進します

入所待機者の解決に向けて、定期的に特養老人ホームの開設を計画しています。

認知症予防や介護の予防等、フレイル事業に関する周知を推奨しています。

高齢者施設と保育所等の複合施設の設置をめざし、継続して推奨していきます。

交通ルールやマナーを守る まちづくり

走行マナーやルールの意識向上を促します

信号無視や暴走行為等を防ぐよう、運転ルールの意識向上を呼びかけています。

駐輪場や駐車場の利用、譲り合い等、運転マナーの意識向上を促しています。

歩行者に迷惑な駅前放置自転車の撤去を、継続して推奨していきます。

歴史と文化のまちを より美しい景観に

美しい景観と観光都市機能の充実をめざします

文京区の歴史的な建物の維持や、植栽のメンテ技術の向上を推奨していきます。

文京区の景観づくりのために、樹木に関する区民へのアドバイスをしています。

美しい景観づくりや観光都市機能の充実を図り、意識向上等を促しています。

本郷・湯島地域の
まちづくり

旧元町小学校及び元町公園の整備に関する有効活用の実現

事業者は学校法人順天堂、清水建設(株)、 UDS(株)で、昨年度末に協定を締結。旧元町小学校は令和6年10月に、元町公園は令和5年度内に完成する予定です。災害時における避難所とし、更なる機能の充実を図るよう要望を上げています。いずれも今年度から設計に入るので、着工前に必ず説明会を行うよう要望しています。
決め事が順守されているか、湯島・本郷地区町連の代表と共に見守ってまいります。園庭や体育館等が、地域のコミュニティ施設として利用できるように要望しています。元町公園の歴史を踏まえた改修が行われるよう、継続して注視していきます。

コミュニティバス「Bーぐる」の本郷・湯島ルートの実現

事業者は日立自動車交通(株)で、昨年度末に協定を締結しました。
本郷・湯島ルートの新規路線運行開始は、令和3年度上半期を予定しています。事前のニーズ調査をもとに、駅や病院、商店街等のアクセスの充実を要望しました。
12月に説明会が開かれ、ルートやバス停設置のスケジュールを確認しました。利用者の利便性を踏まえた人気の路線になるよう、今後も働きかけていきます。